KIRINのウォーターサーバーの紹介

dfc771a615571b23272083f414cf093f_s

KIRINが提供しているウォーターサーバーの名称は「AQYWISH」という名前になっています。

ウォーターサーバーとしては画期的な機能が搭載されていて、「炭酸水が飲める」という機能が付いているウォーターサーバーがあります。

他社と比べても、比較的硬度の低くなっている軟水を使用しているので、生後間もない赤ちゃんでも安心してミルクに使うことが出来ます。

近年の研究では、母乳を与え続けると母体が弱ってしまうという内容も発表されているので、栄養が豊富な粉ミルクを与える方も多くなってきましたが、粉ミルクの場合、大切なのは「水」となります。

安全な水で育てることが出来るというのは大きなメリットに繋がるのではないでしょうか。

 

今回は、KIRINのウォーターサーバー、AQYWISHについて紹介していきます。

『AQYWISHを利用するのに必要な料金は?』

AQYWISHは、サーバーのレンタル費用や配送料、メンテナンスに発生する費用が全て無料となっていて、ウォーターサーバー自体も省エネ設計になっているので、電気代を従来比から25%カットしてくれるスグレモノになっています。

ウォーターボトルの注文に関しては、1箱からの注文となっていて、4パックで1箱となっています。

そして、1パックの容量は7.15リットルとなっているために、28.6リットルごとの注文ということになります。

この水の量は1人暮らしの方が約1ヶ月で消費する量と同じくらいになっていて、1箱の料金は税込みで4,656円となっています。

500mlあたりにすると約81円となっていて、少々割高になっていると思われますが、日常的に行う清掃がやりやすいウォーターサーバーの設計になっているために、ウォーターサーバーを初めて使用するという人でも安心して使用することが出来るのがポイントになっています。

『AQYWISHは成長期の子どもやお年寄りに向いている』

本来、ミネラルウォーターで栄養を摂取するのなら硬水が向いているとされていますが、内臓が発達しきっていない小さな子どもや、内臓の働きが弱っているお年寄りの場合は負荷が大きくなってしまうことが考えられます。

そのため、AQYWISHは硬度がとても低い軟水となっているために、子どもの成長やお年寄りの水分補給などにも最適なミネラルウォーターとなっています。

どのような状況でAQYWISHを摂取するのかというと、子どもの場合は、毎朝の起床後に水を一杯飲むだけでも健康に効果があるとされています。

また、赤ちゃんのミルクには水道水よりも軟水が最適とされていて、粉ミルクの中に配合されている栄養素を破壊しないために、健康ですくすくと育つことになります。

また、軟水は日本料理に最適な水となっていて、野菜を中心とした日本料理の場合、素材の味を活かした調理をすることが多くなっていますが、軟水は素材の味を壊すこと無く引き出す性質を持っているために、毎日の家庭料理にも最適な水ということになります。

 

1リットルあたりの費用としては少し高いかもしれませんが、毎日の健康を得ることが出来るのなら、安い買い物ではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る