コスモウォーターの紹介

0d1a50db8936f42847adc4b7f544820e_s

コスモウォーターは、日本国内のウォーターサーバー利用者の中でもトップクラスのメーカーになっています。

天然水のウォーターサーバーの中ではNo.1となっていて、2015年現在の累計出荷台数は100万台を突破しているウォーターサーバーメーカーとなっています。

今回は、コスモウォーターの詳細について紹介していきます。

『選べる4つの天然水』

コスモウォーターでは、4つの天然水から選ぶことが出来るのが特徴的です。

提供される商品が「天然水のみ」となっているので、ピュアウォーターやデザインウォーターを希望される方には向いていません。

そんなコスモウォーターで選ぶことが出来る天然水は、下記の4つとなっています。

  • 京都府:古都の天然水(ボトル単価(12リットル)は1,760円)
  • 静岡県:富士の響き(ボトル単価(12リットル)は1,800円)
  • 大分県:日田の誉(ボトル単価(12リットル)は1,900円)
  • 山梨県:富士の微笑み(ボトル単価(12リットル)は1,980円)

これら4つの天然水は全て「軟水」となっていて、日本人の味覚に合った飲みやすいタイプのミネラルウォーターとなっていますが、この中でも「古都の天然水」と「富士の微笑み」については、硬度が30mg/Lとなっていて、ミネラル分が少なくなっているので、赤ちゃんのミルクなどにも最適となっています。

コスモウォーターは天然水なので、水質汚染や放射性物質の含有量などを気にされる方が多いですが、2012年4月1日からの新基準に対しても問題なくクリアしていて、検査結果をホームページで公開しているので、心配な方は自分の目で確認をすることも出来ます。

『気になる料金は?』

コスモウォーターの特徴としては、「ウォーターボトルの料金のみ」となっていることが挙げられます。

ウォーターサーバーのレンタル料金や、配送料などが一切発生しない仕組みになっているので、非常にリーズナブルです。

提供しているミネラルウォーターの種類が天然水のみとなっているために、他社と比べると、ウォーターボトルの値段が少々割高になっていることは否めませんが、上質の水が摂取できるということで、国内でも人気のウォーターサーバーメーカーとなっています。

料金の支払については、クレジットカードで先払いをするのが一般的になっていますが、商品の到着を確認してから銀行やコンビニで決済をするという方法もあります。

ただし、銀行やコンビニなどで支払いをする場合は、1回の支払いにつき180円の手数料が発生することになりますので注意して下さい。

また、代引き決済を利用することも出来ますが、代引き決済の場合は、1回の配送ごとに324円の代引き手数料が発生することになりますので、コストパフォーマンスの点から見ると、あまりオススメできる決済方法ではありません。

『コスモウォーターならではの特典』

コスモウォーターでは、利用者全員に自動で掃除をしてくれる「お掃除ロボット」が無料でレンタルすることが出来ます。

フローリングの床でないとあまり効果的ではなく、段差が多い家に住んでいるとキチンと動作してくれないものになっていますが、近年の日本の住宅はフローリングが基本となっていて、畳が多い家でも段差が少ないバリアフリーになっているタイプが多いので、多くの利用者に愛されているお掃除ロボになっています。

関連記事

ページ上部へ戻る