業者を比較する費用のポイント

7a239331bf709d449914061a869d1fd8_s

ウォーターサーバーの利用を考えた際に、費用の点で比較したいという人も多いと思われます。

今回は、ウォーターサーバーメーカーを比較する費用のポイントについて紹介していきますが、比較する対象としては、主に3つのポイントとなっています。

  • ウォーターサーバーの導入に必要な費用
  • ウォーターボトルを購入する際の価格
  • 配送料や手数料などの諸経費がいくらなのか 

この3点となっています。

費用面だけで考えれば、この3つを比較するだけで良いとされていますが、ウォーターサーバーというのは、費用だけで考えてしまうと、結果的に意味のないことに繋がる可能性もありますので、あくまでも費用は参考にするというのが良いでしょう。

『ウォーターサーバーの導入に必要な費用について』

ウォーターサーバーの導入に必要な費用というのは、レンタルタイプの場合だと、基本的に無料となっているメーカーが多くなっています。

購入する場合は、25,000円~40,000円程度の価格帯になっていることが多いですが、デザイン性や機能性で優れていることが特徴的ですので、必要な場合は購入するのも良いでしょう。

基本的に無料となっているレンタルタイプについてですが、1ヶ月間のウォーターボトルの注文数によってレンタル料金が変動するケースも多くなっています。

2つ以上のボトルを注文してくれればレンタル料金は無料になっているが、注文が1つもなければ月額1,000円程度のレンタル料金が発生するというようなパターンになっています。

そのため、ウォーターサーバーの導入に関する費用というのは、よく見ておかなければいけません。

隅っこのほうに、小さく記載されていることもあり、解約すると違約金が発生するというタイプもありますので、十分に注意が必要です。

『ウォーターボトルの購入に必要な費用について』

ウォーターボトルの購入に必要な費用については、ウォーターサーバーのメーカーによって大きく変動しますが、基本的には天然水の方がピュアウォーターに比べると高額になっていることが挙げられます。

天然水に関しても、日本にある多くの採水地の中から、富士山関係の天然水は比較的高額になっていることが挙げられます。

価格帯に関しては、一般的な12リットルボトルの場合だと、1,500円~2,500円程度になっていることが多く、赤ちゃんでも飲むことが出来るピュアウォーターの場合だと少し価格帯が低くなっていることが特徴的です。

『ウォーターサーバーを利用する際に発生する諸経費について』

定期的に発生する諸経費というものを甘く見ていると、年間を通して料金を考えた時に、大きな出費に繋がってしまうことも考えられますので注意が必要です。

ウォーターサーバーの導入に際して発生する諸経費の中でも、最も余計な費用というのは、ウォーターボトルの配送に掛かる費用となります。

基本的には配送料が無料のメーカーを利用するのが良いと思われますが、配送の他にも、支払いの際に、クレジットカード払いなのか、銀行引き落としなのか、代金引換なのかによっって毎月の諸経費が大きく異なりますので、その辺りも見なおしてから利用を開始するといいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る