支払い方法はどのようになっているのか?

68f2ff8ce6c4d3c384368feaecd41a23_s

ウォーターサーバーを導入する際の支払い方法について紹介していきます。

支払い方法というのは、要所によって異なりますが、初めに導入する際については、クレジットカード払いか銀行振込を指定しているメーカーが多いです。

これは、契約時の支払い方法となっていて、ウォーターサーバーを利用する場合は、継続的にウォーターボトルを購入するということになっていますが、こちらについては、様々な支払い方法を利用することが出来るのが特徴的です。

今回は、段階を追って支払い方法について紹介していきます。

『ウォーターサーバーを導入する際の支払い方法について』

ウォーターサーバーの導入時というのは、契約時の支払い方法ということになります。

メーカーの営業マンが自宅まで来てくれて、その場で契約書を作成するのなら、手渡しで料金を支払うということも十分に考えられますが、最近では、インターネットから申し込みをするケースが多くなっていますので、クレジットカードでの支払いか銀行振込で支払いをするというケースがメインになっていることが特徴的です。

また契約時と、その後の支払い方法については異なるケースも多く、支払い方法によっては手数料などが発生するケースもありますので、前もって確認をしてから契約をしたほうが良いでしょう。

『ウォーターサーバーを継続的に利用する際の支払い方法について』

ウォーターサーバーを継続的に利用する際の支払い方法については、様々なケースが用意されていますが、基本的には「クレジットカード払い」と「代金引換」の2つになっています。

この他には、銀行振込みやコンビニ払いなどが挙げられますが、銀行振込では商品を注文する際に支払う前払いと商品が届いてから振込をする後払い形式が用意されていますが、どちらも利用される頻度については少なくなっています。

手数料や利便性などを考えると、クレジットカード払いが一番手っ取り早いということになりますが、中にはクレジットカードを利用することが出来ないメーカーも存在していますので、契約前にキチンと確認をしたほうが良いでしょう。

代引きを利用すると、1回あたり300円~500円程度の手数料が発生することが挙げられますが、月に2回ほど注文をして、1年間が経過すると、6,000円~12,000円ほど、余計な出費があるということに繋がります。

費用の面で、余計な出費が嵩むというのは、喜ばしい状態ではないと思われますので、出来る限り余計な出費は削減するようにした方がいいでしょう。

どうしても、使用したいミネラルウォーターが、ここのメーカーにしか存在しないというのなら、仕方ないかもしれませんが、日本国内だけでも、ウォーターサーバーメーカーは数十社ほど存在しますので、全てのメーカーをチェックして、似たようなミネラルウォーターを取り扱っていることがないかということを調べてから契約をしても、遅いということはありません。

 

また、お試しセットなどを活用することによって、実際に契約をする前に、ミネラルウォーターを試し飲みすることも出来ますので、上手く活用すると良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る