日本でウォーターサーバーの普及率が高まった理由を推測

404b2bbbda122eb0427a963da3ee2eea_s

2015年現在、日本のウォーターサーバー普及率は5%程度となっています。

この数字は、先進国の中では非常に低い数字となっていますが、日本は世界でも有数の「水を安全に飲むことが出来る国」となっているために、他の先進国と比べても普及率が低くなっているものだと思われます。

しかし、ここ数年で日本のウォーターサーバー普及率は急上昇しているというデータが存在します。

その理由としては、いくつか考えられるので、それらについて詳しく紹介していきます。

『災害の度に危機感が高まる』

日本という国は、他国に比べて自然災害が多い国だとされています。

阪神淡路大震災の「地震」や東日本大震災の「津波」また、数年に1度程度の頻度で、活火山の「噴火」などが起こっていますので、世界的に見ても、自然災害が多いということになります。

戦争や貧困といった人災が少ないのが幸いとなっていますが、大きな自然災害が発生する度に、一般人の危機感が高まるということになります。

最近では、東日本大震災での放射能問題が取り上げられる事になりますが、実際のデータでは、東日本大震災以前と以降を比べると、遥かに普及率が高まっているというデータが存在します。

同じく、阪神淡路大震災の頃も、ミネラルウォーターの需給率が高まったとされていますが、当時のウォーターサーバーメーカーは悪質なメーカーも多かったために、ウォーターサーバーの普及率が高まったというよりも、災害用の備蓄として、ミネラルウォーターの需給率が高まったということが挙げられます。

ウォーターサーバーというのは、日本ではまだまだ新しいタイプのサービスとなっているために、初期の頃は悪質なサービスを展開しているメーカーも多かったですが、近年ではそれらのメーカーも淘汰されていることが挙げられますので、今後のウォーターサーバー普及率は徐々に高まる傾向にあると思われます。

『日本のウォーターサーバーも初期の頃は酷かった』

日本でウォーターサーバーが急速に流行しなかった理由としては様々なことが挙げられますが、その理由の一つに「悪質なウォーターサーバーメーカーが多かった」ということが挙げられます。

現在では、淘汰された悪質なメーカーについてですが、初期の頃は「解約ができない」「解約時には10万円以上の違約金が発生する」「ミネラルウォーターが届かない」「ウォーターボトルを使いまわしている」というような、悪質なウォーターサーバーメーカーが多かったために、悪評が流れてしまい、安全性や価格面から強いパッシングを受けていたために、あまり良いイメージを抱いている人が少なかったということが挙げられます。

現在では、海外のウォーターサーバーメーカーと比べると、価格は2倍以上となっていますが、当時と比べると、遥かに安くウォーターサーバーを利用することが出来るようになっていて、解約や契約の手続きに関しても安心して行えるようになっています。

関連記事

ページ上部へ戻る