住んでいる地域によってウォーターサーバーの利用が制限されることもある

ウォーターサーバーは日本の多くの地域で利用されているサービスになっていますが、住んでいる地域によって利用に制限がかかることも多いです。

これは、ウォーターサーバーの利用に対して制限がかかるということではなく、全国への配送に対応しているウォーターサーバーメーカーが非常に少ないために、住んでいる地域によって、数少ないウォーターサーバーメーカーの中から選ばなければならないということになります。

今回は、どのような場合に、制限が掛かる可能性があるのかということについて紹介していきます。

 

配送する地域によって制限される

一番多いのは、メーカーによって配送できる地域が異なるということです。

東京や大阪といった都心部では人工が多くなっているために、多くのメーカーが進出している場所になっていますが、日本の端になればなるほどメーカー数が減少する傾向にあります。

しかし、日本の中でも水の名産地として名高い東海地方や北海道などについてはウォーターサーバーメーカーの本社が設置されていることも多いので、対応しているケースも多くなっています。

 

配送料金によって制限される

ウォーターサーバーを利用する際には、ウォーターボトルを配送してもらうことになるのですが、ウォーターボトルの配送料はウォーターサーバーのレンタル料金に含まれていたり、月額で固定になっていたりするケースが多いのですが、山間部や田舎の地方になるとウォーターボトルの料金の他に別途で配送料が発生するケースも多くなっています。

そうなると、安く美味しい水を飲むためにウォーターサーバーを利用しているのにもかかわらず、配送料で余計な費用が発生してしまうことも考えられます。

そうならないためにも、利用を開始する前に契約に関してキチンとチェックをするようにして下さい。

 

契約前に必ずチェックする

上記でも少し紹介しましたが、ウォーターサーバーを利用する前には必ずメーカーと契約をしなければなりません。

契約された内容にそって業務が行われることになりますので、定期配送やウォーターサーバーの買い取りなどの前には必ずメーカーとの契約が発生します。

この際に、複数のメーカーから1社を選ぶことになるのですが、出来れば相見積もりなどを取ると色々と便利になります。

 

何にどれくらの費用が掛かってしまうのかというのが明確に分かることになるので、焦って契約をせずに慎重に選ぶようにして下さい。

ウォーターサーバーメーカーの営業マンは、「今すぐ契約してくれれば色々とサービスします」というような謳い文句を出してくることも多いですが、ウォーターサーバーは短期的に使用するようなサービスではなく、数年~数十年と長期的に利用するサービスになっていますので、一時的な特典やサービスに惑わされないで本質的にオトクになる契約をするようにして下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る