今後の国内ウォーターサーバーの普及率の推移について

bc76e0453907c8658f9f0a754aea2584_s

2015年現在、日本のウォーターサーバー普及率は、5%前後となっていますが、アメリカを始めとする欧米諸国では50%程度となっています。 

そこで、今後の日本国内のウォーターサーバーの普及率の推移について推論を紹介していきます。

あくまでも、推論となりますが、基本的に現状から何も変わらないのであれば、普及率も平行線のままだと思われます。

日本国内のウォーターサーバーは海外のウォーターサーバーメーカーと比べると優れている点も多いですが、劣っている点も多いために、その問題を解消できるかどうかというところが、今後の普及率の鍵を握っていると思われます。

『海外では非常に安価でウォーターサーバーを利用することが出来る』

まずは、価格面に関してですが、海外ではミネラルウォーターを利用するウォーターサーバーの価格帯が日本に比べて遥かに安くなっていることが特徴的です。

日本では、ウォーターサーバーを利用すると、1ヶ月間でウォーターボトルの料金も含めて5,000円前後の費用が掛かることも珍しくありませんが、海外では、2,000円~3,000円程度で利用することが出来るケースも少なくありません。

このように、まずは価格面で海外のウォーターサーバーメーカーに劣っているために、日本での普及率が低くなっているものだと思われます。

『ヨーロッパの水質基準は世界一』

日本に長く住んでいると、「日本の水は安全」というイメージが強いと思われますが、実はヨーロッパの水質基準は世界一厳格な基準になっているとされています。

ヨーロッパの水質基準をクリアしているということをセールスポイントにしているウォーターサーバーメーカーもあるぐらいに、ヨーロッパの水質基準では、日本と比べ物にならないぐらいに厳格な検査と審査をされるということになります。

そのため、ウォーターサーバーをよく調べているという人にとっては、「日本のウォーターサーバーメーカーは安全面からも価格面からも優れていない」と判断されるケースも多く、日本国内のウォーターサーバー普及率が高まらない要因にもなっていると思われます。

『日本は安全な水を飲める国だというイメージが強い』

日本でウォーターサーバーが普及しない理由の一つに「日本では安全な水をのむことが出来る」というイメージが強いというものがあります。

確かに間違っていないのですが、近年では日本でも水質基準を見直すことが多くなっていて、一流の料亭などでは、料理用に使用することが出来ないという水も多くなってきました。

そのため、安全な水という神話が崩れ去ろうともしていますが、一般的な報道では、そのような問題は報道されないために、知らない人も多いということが挙げられます。

日本は良くも悪くも工業大国となります。

工業用水として使用される水も多くなっていて、排水処理に関しても先進国の中ではトップクラスだと思われますが、それでも少しずつ汚染が広がっています。

この事実をキチンと報道されることになれば、日本のウォーターサーバー普及率も格段に高まると思われます。

関連記事

ページ上部へ戻る