ピュアウォーターの特徴

50658d32cef54cae90efe37e51ae6f8e_s

ピュアウォーターはRO水とも呼ばれていますが、基本的には「不純物を一切含まない水」となっています。

不純物を一切含まない水というと、「純水」が思い浮かぶかもしれませんが、純水というのは、水分子が100%で構成されている水のことを指していますが、ピュアウォーターは水分子が99.99%以上のものを指しているので、厳密には純水とは異なります。

純水を飲むと身体を壊してしまうことがありますが、これも個人差によることが多いです。

身体を壊してしまう原因としては、純水はミネラルを含んでいないために、身体に吸収される際に、身体の中にミネラルを純水に取り組んでしまう性質があるために、身体のミネラルバランスが崩れてしまって、お腹を壊してしまったり体調を崩してしまったりすることがあるということになります。

あくまでも個人差なので、身体を壊さない人も多いです。

ピュアウォーターを飲んで、身体を壊してしまった場合は、水が身体に合っていないということにもなりますので、健康的であったとしても、ピュアウォーターの摂取は止めたほうが良いでしょう。

『ピュアウォーターの作られ方』

ピュアウォーターは「RO膜」というフィルターを通して作られる水となっています。

RO膜というのは、非常に目の細かい網目になっていて、不純物やバクテリアなどを通すことがないので、純水に近い状態にしてくれるフィルターとなっています。

ピュアウォーターの元となる水は、メーカーによって大きく異なりますが、大きく分けると、水道水を使用するタイプと天然水を使用するタイプに分けられています。

最近多くなっているのは、水道水を原水にして、ピュアウォーターを生成するタイプになっています。

日本の水道水は、既に殺菌・消毒の処理が完了している状態となっていますが、水の中に薬品が溶け込んでいる状態になるので、それらを除去する行程がメインとなります。

『ピュアウォーターはどのような場面で使用するとメリットが大きいのか?』

ピュアウォーターをどのようなシーンで利用するのかというと、「料理に使用する」ということが多いです。

料理と言っても、「素材の味を壊さない」という意味で、繊細な味がポイントの日本料理に使われることが多くなっています。

酒造などでも、水の吟味は欠かさないと言われるほどに、「水の味」というものを大切にして料理や製造を生業にしている人も多くなっています。

また、赤ちゃんのミルクに関しても、母乳を飲めれば一番良いとされているのですが、母乳は母親の健康状態によっても左右されがちなために、母乳が出る状況でも粉ミルクを飲ませる家庭も多くなっています。

粉ミルクというのは赤ちゃんの成長に必要な栄養素が多く含まれていますが、水道水では粉ミルクの中に含まれている栄養素を破壊してしまうことがあります。

しかし、ピュアウォーターでは、余計な不純物が一切含まれていないので、粉ミルクの栄養を壊すこと無く、赤ちゃんの食事に最適な状態となってくれます。

関連記事

ページ上部へ戻る