ウォーターサーバーとは?

5

ウォーターサーバーというのは、給水器や給湯器の名称の一つになっていて、専用のボトルを設置することで24時間いつでも冷水や温水が出てくる装置になっています。

利便性や経済性が高いことから、近年では企業だけではなく一般家庭にも急速に普及しているのが特徴的です。

冷水や温水を飲料水または調理水として使用することができるので、お湯を沸かさなくてもカップラーメンを食べたり、ホットコーヒーを入れたりすることが出来ますし、冷茶やカルピスなどをその場で作ることができるので、手間が削減されるのがポイントです。

 

ウォーターサーバーの仕組み

ウォーターサーバーの仕組みは、専用のボトルをセットするとサーバーの中の貯水タンクに一定量の水が流れ込みます。

冷水や温水でタンクの水を排出すると、減った分だけボトルの水が貯水タンクに流れこむことになるので、初めに設置すればボトルの中に入っている水が空になるまで触れる必要がありません。

ウォーターサーバーの種類の中には直接貯水タンクにボトルを設置するタイプもありますので、使用目的によって選ぶと良いでしょう。

 

ウォーターサーバーを設置するためには?

ウォーターサーバーの設置については、レンタル方式と買い取り方式の2つがあります。

初めてウォーターサーバーを設置するのならレンタル方式の方がオススメです。

「ウォーターサーバーは合わなかった」というような状況になっても解約することでウォーターサーバーを引き取ってもらえるので、ウォーターサーバーに慣れていないならレンタル方式のほうが良いでしょう。

 

レンタル方式でも買い取り方式でも、ウォーターサーバーの使い方については変わりありません。

ボトルの水が無くなればボトルを外して、新しいボトルを設置するという手順になっているので、ウォーターサーバーに設置してあるボトルの水が無くなったらボトルを注文して自宅に配送してもらうということになります。

毎月定期的にウォーターボトルの配送をしてくれるというサービスもありますし、無くなってから注文をするという方法もありますので、状況に合わせて利用すると良いでしょう。

 

好みの水を選ぶことが出来る

一口に「飲料水」と言っても多くの種類があり、奥が深いものになっています。

ウォーターサーバーを利用するメリットとしては、「自分好みの水を選ぶことが出来る」ということが挙げられます。

例えば、家庭環境によっても必要な水というのは異なります。

高齢者が一緒に過ごしているのなら、高齢者に合った水が必要ですし、赤ちゃんが生まれたばかりというのなら、赤ちゃんに必要な栄養素が含まれている水を選択することも出来ます。

 

ウォーターサーバーを提供しているメーカーの中には、1つのメーカーで5種類~10種類もの水を取り扱っている業者も存在するので、利用する環境に合わせて注文する水を変えることも可能になっています。

最近では、自宅や事務所のインテリアも兼ねてスタイリッシュなデザインになっているものも増えているので、部屋のイメージに合わせて選ぶことも出来ます。

関連記事

ページ上部へ戻る