デザインウォーターの特徴

dfbbb4630e3539f668d33f0c1e17d7c5_s

デザインウォーターは、ウォーターサーバーに使用されている水の中でも化学的に生成されている水だと言わ れています。 その理由としては、自然のままに出来る限り手を加えないで生成したピュアウォーターにミネラ ルを添加して作られるために、この「ミネラルを添加する」という行程が化学的だと判断される理由になっているのだと思われます。
このように見ると、デザインウォーターというのは、天然水やピュアウォーターと毛色が違うというように思われがちですが、デザインウォーター独自のメリットも多いので、今回はこれらに焦点を当てて紹介していきます。

『デザインウォーターは添加されるミネラルによって性質が異なる』

デザインウォーターは上記でも紹介したように、ミネラルを添加して生成された水となっています。
水の中に含まれるミネラルは大まかに分けて下記の6点となっています。 

  • カリウム
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • ナトリウム
  • バナジウム
  • ゲルマニウム
     バナジウムやゲルマニウムについては、単独で商品となるぐらいに栄養素が注目されている成分ともなっています。これらのミネラルが添加されるバランスによって、水の味や栄養が決まるといっても過言ではありません。一般的に、カルシウムやマグネシウムが多く含まれていると、硬水と呼ばれるようになり、水の味がさっぱりとすると言われています。慣れていない人にとっては、少し飲みにくいかもしれません。 逆に、ナトリウムやカリウムが多くなると、軟水と呼ばれることになり、まろやかな後味になるために飲みやすくなります。
    日本人の味覚に合っているのは軟水となり、海外の人が日本に訪れた際にミネラルウォーターを飲むと軟水が多くなっているために違和感を覚える人が多いようです。

『デザインウォーターは用途によって選ぶことが出来る』

次に、デザインウォーターをどのような場面で使用するのかということについてですが、これは添加されるミネラルによって大きく異なります。 日常の飲料水として使用するのが最適なデザインウォーターもあれば、コーヒーや紅茶を入れるのに最適なデザインウォーターもあります。 また、お吸い物や味噌汁といった汁物を作るのに向いているデザインウォーターもあることが特徴的です。 これは、デザインウォーターに添加されるミネラルによって大きく異なる性質を持っているために、何を作るのに最適なのかということは大きく分かれることになります。 また、デザインウォーターはミネラルを添加して作られることになるので、独自の美容液や保湿液を作る際にも重宝することになります。
しかし、大切なのは「自分の身体に合っている水を選ぶ」ということです。よくあるケースに、「水に合っていないのは不健康だからだ」というような理論を持っている人をたまに見かけますが、人間の身体は機械やロボットではないので、個人差があるものです。「水に身体を合わす」ということではなく、「身体に水を合わす」ということを念頭に置いて水を選ぶようにしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る