軟水と硬水の違いについて

c3555031d787ffe2936a2efd766fcda5_s

軟水と硬水というのは、飲みやすさで判断している人も多いかもしれませんが、水の中に含まれている成分によって明確に分けられています。
分けられている成分の特徴としては、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量によって決められています。
水1リットルあたりにカルシウムとマグネシウムを合わせて120ミリグラム以上になると硬水と判断されて、120ミリグラム未満だと軟水というように判断されます。
細かく分類すると、軟水の中でも少し硬いというような分類もありますので、全ての分類を表にすると下記のようになります。

  • 軟水=0mg~60mg
  • 少し硬い軟水=60mg~120mg
  • 硬水=120mg~180mg
  • 非常に硬い硬水=180mg以上

ざっと分類するとこのようになります。
もっと詳しい硬度の分類に関しては、WHO(世界保健機関)が提唱している「飲料水水質ガイドライン」を参照して頂ければよく分かります。

『日本人の味覚に合っているのは軟水』

日本人は古くから軟水に慣れているために、軟水の水を美味しく感じる味覚が発達しています。
逆に海外の人は硬水に慣れているために、日本の軟水は口に合わない人が多いようです。
軟水は、赤ちゃんのミルクや料理に使用するのに適していて、素材の味を壊す栄養素が含まれていないので、料理に使われる素材の味を堪能することが出来るのが特徴になっています。
クセのない飲みやすい水になっているので、汗を掻いた時や疲れている時に、ゴクゴクとイッキ飲みする人も多いのではないでしょうか。
また、コンビニやスーパーで販売されている水の多くが軟水となっていて、日本のスーパーでは硬水として販売されているミネラルウォーターは非常に少ないのが特徴的です。
こちらも逆に海外でミネラルウォーターを購入すると硬水が多くなっているので、日本人旅行者が海外でミネラルウォーターを購入する時は苦労する人が多いようです。
日本人が海外旅行をした際に、現地の水をそのまま飲むとお腹を壊す人が多いという話をよく耳にしますが、これは、水道水の処理に関する問題も挙げられますが、一番の理由としては、水の硬度が異なるためだとされています。
硬水はミネラル含有量が多くなっている水になっていますが、日本人の体質に合わない為に、体調を崩してしまう人が多くなっています。

『硬水は健康や美容に良いとされている』

健康や美容、ダイエットのために硬水を飲むという人も多いと思われます。
これは、水に含まれるミネラルの含有量が多くなっているために言われていることだと思われますが、上記でも紹介したように、体質によっては身体を壊してしまう人も多いです。
硬水に身体が慣れると、身体を壊すこともないのですが、中にはカルシウムやマグネシウムが豊富に含まれている影響から、腎石や尿路結石症に罹ってしまう人も存在します。
体内で生成される石というのは、カルシウムやマグネシウムを原因としているケースが多くなっているので、石を作りやすいという人の場合は、硬水が身体に合っていないということになりますので気をつけてください。

関連記事

ページ上部へ戻る