良い水を飲む習慣をつける

6d1442e2b625ab191d8f277c20b4989c_s

「水を飲む」という行為は、健康や美容だけではなく、私達の命に関わる問題とも考えられます。

人間の身体の60%~70%は水分で出来ているとされていて、赤ちゃんの場合は80%が水分とされています。

そして、脱水症状になってしまう条件として「身体の水分の2%以上が失われる」ということが挙げられますので、体重60kgの方の場合、下記の計算式となります。

「体重60kg×水分量60%×2%=720ml」

この計算式で表すと、わずか720mlの水分が身体から失われると脱水症状になってしまい、頭痛や吐き気、発熱といった症状に悩まされることになります。

さらに、身体から10%以上の水分が失われると、意識が混濁してしまったり、場合によっては命を失ってしまったりすることも考えられます。

このように、水というのは私達の身体に大きな影響を及ぼす性質を持っています。

『良い水を飲む習慣をつけるとどんなメリットがあるのか?』

人間は1日に2リットルの水分が必要だとされています。

これは、体内で使われてしまう水の他に、汗や尿として老廃物を体外に排出するためにも必要だとされている水の量です。

1日の食事に含まれている水分が平均で約800mlとされているので、約1.5リットルの水分を摂取するのが目安だとされています。

あくまでこれは、「水を摂取する量」となっているので、「良い水を摂取した場合」ということではありませんが、「良い水」という判断基準は生活環境によって大きく異なるのが特徴的です。

例えば、頻繁にスポーツなどをして汗を流している方や、夏場などで汗を掻きやすい状況の場合は、体内からミネラルが多く排出されてしまうために、ミネラルの含有量が多い水を摂取することがオススメです。

また、汗を掻きやすい状態の場合は、1日の水分摂取量も大きく変化します。

目安としては、運動前に体重を測っておき、運動後に体重が減っていれば、減った分だけの水分を摂取するという方法が分かりやすくてオススメです。

運動時に脂肪が燃焼されているということも十分に考えられますが、水分として体外に排出されていることが多いので、まずはこまめに水分補給をすることが大切です。

『水分補給や水分の摂取はこまめに行うのがポイント』

よく耳にする話として、「1日に2リットルの水が必要なら朝のうちにまとめて飲んでおけばいい」というような話を聞きますが、この方法では効果がほとんど無いばかりか、身体に悪影響を与えることになってしまいます。

水を大量に摂取すると、胃や内蔵に負担を与えることになり、さらに急激に水分を摂取したことによって体内のミネラルバランスが崩れてしまう原因にもなってしまいますので、水分はこまめに摂取するのがポイントになっています。

具体的な1回の摂取量としては、150ml~200ml(コップ1杯分ぐらい)を目安に、1日に7回~10回程度の回数で摂取するのがオススメです。

500mlのペットボトルを、朝・昼・夜の3回に分けて少しずつ摂取するのもオススメですね。

水分摂取の基本としては、少しずつこまめに摂取するのが身体に負担を掛けずに健康的に過ごすポイントとなっています。

関連記事

ページ上部へ戻る