子どもの成長のためにも水は大切な要素となっている

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

水を摂取することで、子どもの成長を助けることも出来ます。

というよりも、水に含まれているミネラルが子どもの成長を促す働きを持っているために、水道水やピュアウォーターのように、ミネラルが含まれていない水の場合は効果が低いとされています。

しかし、ミネラルが含まれていない硬度の低い軟水は、身体に影響を与えることも少なくなっているので、内臓が未発達な赤ちゃんや小さな子どもには最適の飲み物ということになります。

特に、赤ちゃんの場合は体内でミネラルを吸収することも排出することも難しいので、硬度が極端に低くなっている軟水でミルクなどを与えるのがオススメです。

子どもの成長に合わせて硬度を高めていくと、水の中に含まれているカルシウムやマグネシウムが内蔵や骨の成長を助けてくれるので、丈夫で健康的な子どもに成長してくれることになります。

ただし、身体に合わないうちは極端に硬度の高い硬水は控えておいたほうが良いでしょう。

身体に合わないほどの硬水を摂取してしまうと、内臓に強い負担を掛けることになり、下痢になってしまったりミネラルバランスを崩してしまったりしてしまい、神経や精神にも悪影響を与えることに繋がってしまいますので注意してください。

『子どもの成長に合わせて水に含まれているミネラルの含有量を変える』

赤ちゃんや子どもが小さい間は、軟水がオススメなのは上記で紹介したとおりです。

そして、子どもの成長に合わせて水に含まれているミネラルの含有量を多くしていくのがポイントになっていますが、年齢や身体の成長から考えると、「成長期」ということが大切になります。

歯が生え変わったり、身長が伸び始めたりする成長期に、カルシウムやマグネシウムを多く摂取しておくと、骨や歯が丈夫になったり、内臓が強くなったりと様々なメリットがあります。

カルシウムやマグネシウムは牛乳や小魚などに多く含まれている栄養素となっていますが、牛乳や魚が苦手という子どもが多いのも事実です。

最近の研究では、子どもの夕食に魚料理を出す家庭は全体の9%に満たないという研究結果も出ています。

現代人の食生活は欧米化しているといっても過言ではなく、身長の成長率などを見ていると、昔に比べると高い身長の子どもが増えていますが、肝心の骨密度に関しては年々下降しています。

そのため、現代人の病気の一つに骨粗鬆症が挙げられ、大人になると骨を折ってしまう人が多くなっているのも問題の一つとなっていて、虫歯に悩まされる子どもや大人が多いのも問題視されています。

『清涼飲料水ではなく水をメインで摂取するように心がける』

子どもというのはジュースが大好きです。

水やお茶ではなく、ジュースをメインに摂取する子どもが多くなっていますが、ジュースを初めとする清涼飲料水には子どもの成長を阻害する効果があるものも少なくありません。

無理にジュースを取り上げてしまうと、精神衛生上に悪い影響を与えてしまうことも多いので、子どもの成長に合わせて「美味しい水」を摂取するように心掛けると良いでしょう。

そうすると、子どもは必要最低限のジュースしか飲まなくなるので、子どもの成長に悪影響を与えること無く、成長を促す事が出来るようになります。

ページ上部へ戻る