内部メンテナンスってどんなことをするの?

2ca426d99e9c134763eec7a186c1cf02_s

ウォーターサーバーの内部メンテナンスについては、利用者が個人で出来ることが少ないです。

ウォーターサーバーの内部にあるセンサーやポンプ、部品などの調節となりますので、専門の業者に作業してもらうことが多いです。

ウォーターサーバーを利用する際に、「メンテナンス費用が発生する」という場合には、どのようなメンテナンスをしてもらえるのかということをよく確認したほうが良いでしょう。

メーカーによってメンテナンスの内容が大きく異なりますが、場合によっては自分でも出来るような内容の清掃だけということもありますし、逆にサーバー本体を入れ替えるぐらいに細かく清掃してくれるタイプもあります。

『内部メンテナンスの内容について』

ウォーターサーバーの内部メンテナンスでは、それぞれの部品のチェックや消耗品の交換、パーツの滅菌消毒などがメインになっています。

それらの作業について、利用者が使用している場所で行うこともあれば、メンテナンスの際にウォーターサーバー自体を入れ替えるということで対応しているケースもあります。

どのようなメンテナンスをするのかということについてはメーカーによって大きく異なるポイントでもありますので、ウォーターサーバーのメーカーを選ぶ際にも比較しやすいポイントということになります。

『内部メンテナンスをする際には、必ず専門家に依頼する』

ウォーターサーバーの内部メンテナンスについては、素人が簡単に手を出さないほうがいい代物となっています。

内部のセンサーや部品などを分解すると、保証の対象外となっていることも多く、分解しても上手く構築できなければ意味がありませんので、必ず専門家に依頼するようにして下さい。

ウォーターサーバーのメーカーを選択する際に、「水の種類」や「費用」などに目を向けてしまう人が多いですが、ウォーターサーバーを長期間に渡って使用するということを考えている場合は、保証やメンテナンスの精度について目を向けたほうが良いでしょう。

長期的に見ると決して安い買い物ではないかもしれませんが、日常的な健康や子どもの成長のためにウォーターサーバーを導入すると考えているのなら、費用よりも保証を重視したほうが万が一の際にも安心して利用することが出来ます。

『購入するタイプは別途でメーカーにメンテナンスを依頼』

ウォーターサーバーには、購入するタイプとレンタルタイプの2つがありますが、購入するタイプの場合は、メンテナンスも全て自分で行わなければならないと勘違いしている人も多いです。

専門の工具や知識がないと、ウォーターサーバーを分解して洗浄・消毒をした後に組み立てるということは不可能ですので、購入するタイプのウォーターサーバーを利用している場合は、メンテナンスのみをメーカーに依頼することになります。

1回あたりのメンテナンス費用は5,000円前後が多くなっていますが、内部メンテナンスについては1年に1~2回ほどで問題ありませんので、年間で考えても、5,000円~10,000円程度の出費ということになります。

内部メンテナンスを怠ると様々なトラブルに見舞われることもありますので十分に気をつけて下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る